排水口からの悪臭

時々排水口から、臭いにおいが出てくるので管を洗浄して欲しいとの要望があります。しかし、ほとんどの場合、洗浄しただけでは解決しません。各排水口にはトラップが付いており、水溜まりを利用して、管内のガスを封じ込める構造になっています。トイレの排水口に常に水が溜まっているのもトラップになっている証拠ですし、洗面台の排水がU字になっているのもトラップを形成するためのものです。いくら管内を洗浄して、きれいにしても、このトラップが形成されていないと確実に悪臭は発生します。先ほどのトイレ、洗面台は水を流していれば自然に水が溜まりますが、流し台、浴室、洗濯場等は多くの場合排水トラップ腕、筒が付いており、これが外れていたり、パッキンガスケットが不良で、少しでも隙間が出来ていれば匂いは出てきます。排水はスムーズに流れるのに何か臭いなと思われたら、とりあえずこのトラップが正常かどうか調べてみてください。

 

一般的な流し排水トラップ 

浴室排水トラップ

洗濯排水トラップ

流し台、洗面台の中が何となく臭いということがあります。 それはほとんどが写真のように排水ホースと排水管との接続に隙間がある事が原因です。管を立ち上げてしっかりテーピングする必要があります。

​キッチンの排水接続に防臭ゴムキャップが付いていますが完全に密着していないのであまり役に立っていません

​管を立ち上げて完全にテーピングします

​洗面台の床下 見えないところで接続の不備があります

​やはり管を立ち上げて完全にテーピングします

まれに排水口からゴボゴボ音がすることがあります、原因として通気の不具合が考えられます。そのような場合、排水管に通気弁を取り付け、通気を活発にさせます。

© 2015 by JetIM